本文へ移動

Mathematics=宇宙からの不可思議な暗号

Mathematics
宇宙からの不可思議な暗号
それが『数学』かもしれない

無重力の宇宙で出逢った小さな星を指ではじいたら
行先も分からない旅に出てしまった
それからというもの
その星とは二度と逢えない
割り算を覚えたてのボクが観た宇宙は
10÷3=3.3333333333333333333333333333333333333333333
割り切れない『せつなさ』だった
悶々としたボクの
あの日の『3』は地球を三回まわって宇宙へ旅立ったまま
二度と帰ってこない

太陽はいつか燃えカスになるという
それでも生命は
あの日の『3』のように生きながらえるのだろうか
不可思議な『数学』という宇宙からの暗号
それを解読する柔軟な『思考力』
それを伝える『表現力』

は、子どもたちの未来への羅針盤でありたい